海外旅行できをつけること

海外旅行では、
特に発展途上国では日本人は盗難事件にあいがちです。
なにしろ、治安の良い日本から来た日本人は最高のカモなのです。
そこで、できるだけ注意していても、運悪く強盗にあってしまったらどうしたら良いのでしょう?

 

例えば、待合室の椅子や机に大事な貴重品の入った荷物を置いたまま
そのまま平気でトイレに行って目の届かない場所に荷物を放置したり、
景気よくお買い物を楽しみながら、現金でパンパンな財布を
人前でも平気でケットから出し入れしている日本人はよく見ます。
まあ、もしそこが日本であるならば、それほど問題にはならないでしょう。
しかし、いざ海外でそのような行動をすると、われわれは大金持ち!
金ならあるぞ!
と言っているようなもの。
そのため、スリや置き引きといったことを行う者達に、虎視眈々と機会を狙われるのは至極当然のことです。
さらに相手が凶器を持っている場合には状況は最悪です。
海外の大都市には、夜になれば地元の人達も近付かないような危険ゾーンと呼ばれる場所があります。本来、見知らぬ場所での夜間外出は極力避けるべきですが、
もし、何もわからずにそんな所に迷い込んだなら、
そんな彼らにとっては、それこそ飛んで火に入る夏の虫でしょう。